スマートフォン版を表示

このページでは、J-REITの市況動向について、株価や資産規模などを毎月比較したレポートをご覧いただくことができます。

毎月10日に更新予定(休日の際は翌営業日)
※営業日数の関係で数日遅れることがございますが、ご了承下さい。

J-REIT市況月次レポート 2022年10月

1.REIT全体市況

10月の東証REIT指数(配当なし)は、前月比+1.51%の上昇。但し、TOPIXとは大きく異なる値動きとなった。
月初は、米国のインフレ懸念が一旦後退したことを受け、前月後半の下落の反動から株式相場とともに急反発して始まった。しかし欧米の長期金利が軒並み上昇、更にREITの公募増資が相次いで発表され投資口の一時的な需給悪化懸念も重なり、月中はTOPIXが比較的堅調であったのに対し、東証REIT指数は連日の下落となり、24日終値は1,854.20ポイントと、3月9日以来7ヶ月半ぶり安値を付けた。しかし米国が年内にも利上げペースを緩めるとの見方が拡がると、月末に掛けて5営業日連続上昇と急回復し、31日終値は1,974.70ポイントと前月を僅かに上回って終了した。
東証が発表する投資部門別売買動向によれば、10月は投資信託と証券会社(自己取引部門)が買越しとなる一方、外国人投資家、金融機関、個人が売越しとなった。

銘柄別に見ると、全61銘柄うち、34銘柄が上昇、27銘柄が下落となり、大きく二分した。
ヘルスケア&メディカル投資法人が前月比+12.86%の大幅上昇となった。続いてジャパン・ホテル・リート投資法人が+8.60%、オリックス不動産投資法人が+7.84%と、ホテルや商業施設の投資比率の高い銘柄を中心に上昇した。入国上限撤廃や旅行支援政策を背景に業績回復を期待したと見られる。
一方、スターツプロシード投資法人(SPI)が-6.14%、Oneリート投資法人(ORI)が-5.88%、SOSiLA物流リート投資法人が-5.50%の下落率と、住宅や物流施設系銘柄を中心に下落した。SPIは公募増資を発表したこと、ORIは稼働率低下や水光熱費増加に伴う業績への影響が嫌気されたと見られる。

個別銘柄の運用動向では、10月は、アドバンス・ロジスティクス投資法人(ADL)、ケネディクス商業リート投資法人、GLP投資法人(GLP)、三菱地所物流リート投資法人(MEL)、スターツプロシード投資法人(SPI)の5銘柄が増資を発表した。ADL、GLP、MELの物流施設銘柄は調達額100億円超の大型増資であり、なかでもMELは2期連続の増資である点からも、物流施設銘柄の外部成長が著しい。
一方、6年ぶりの増資となったSPIは、物件入替えで都心の再開発によるタワーマンションを組み入れる。従来は郊外を中心に小規模のマンションがポートフォリオの中心であったが、旗艦物件となるタワーマンションの取得をきっかけに、資産規模1,000億円を達成するとともに、ポートフォリオ構成が従来より大きく変化する。併せて定借物件による減価償却費割合の高さを背景に、継続的な利益超過分配を行う方針に切り替える。

日本リート投資法人(NRIC)の主要スポンサーが、双日からSBIホールディングスへ交代する。双日は、NRIC創設時から主要スポンサーとしてNRICの運用を主導し、外部成長をサポートしてきた。NRICは資産規模3,000億円を当面の目標に掲げ、物件入替えを積極的に行いながら2,500億円規模に成長したが、2019年以降公募増資を行っておらず、物件取得は昨年8月を最後に直近1年間は規模拡大が停滞していた。
4月に日本都市ファンド投資法人及び産業ファンド投資法人の主要スポンサーが三菱商事及びUBSからKKRへ交代したのと同様に、REITのスポンサーを取り巻く事業環境が変わるなか、事業ポートフォリオの入替えを目的に商社が上場REITより撤退し、私募の運用に注力する事例が続いている。
一方、SBIホールディングスは、2020年以降不動産開発会社や不動産投資運用会社を子会社化し、本格的に不動産投資事業へ進出した。NRICの主要スポンサーとなることによって、運用資産残高は1,760億円から4,300億円規模へ拡大する。新たな収益基盤を作るとともに、SBIグループの中核事業である金融業とのシナジーを活用する見込み。

<市況データ>

 

2022年10月末現在

(前月末比)

東証REIT指数(配当なし)

1,974.70

+29.45

東証REIT指数(配当込み)

4,564.72

+75.86

時価総額合計

16兆4,568億円

+3,138億円

平均分配金利回り(時価総額による加重平均)

3.68%

-0.05



<東証
REIT指数と予想分配金利回りの推移>  (グラフは2020年11月~2022年10月の24ヶ月間) 




2.個別銘柄データ

2022年10月末現在
証券
コード
投資法人名 投資口価格
(円)
価格騰落率
(1ヶ月)
予想分配金
利回り
時価総額
(百万円)
時価総額
シェア
8951 日本ビルファンド投資法人 661,000 3.93% 3.48% 1,124,355 6.83%
8952 ジャパンリアルエステイト投資法人 623,000 4.36% 3.53% 862,986 5.24%
8953 日本都市ファンド投資法人 109,500 0.64% 4.14% 765,305 4.65%
8954 オリックス不動産投資法人 199,500 7.84% 3.81% 550,620 3.35%
8955 日本プライムリアルティ投資法人 403,500 2.67% 3.80% 402,361 2.44%
8956 NTT都市開発リート投資法人 145,600 -1.42% 3.72% 204,078 1.24%
8957 東急リアル・エステート投資法人 211,700 7.41% 3.51% 206,958 1.26%
8958 グローバル・ワン不動産投資法人 114,800 4.65% 4.98% 108,945 0.66%
8960 ユナイテッド・アーバン投資法人 157,200 5.15% 3.94% 487,099 2.96%
8961 森トラスト総合リート投資法人 148,300 7.70% 3.98% 195,756 1.19%
8963 インヴィンシブル投資法人 46,700 2.41% 0.71% 284,722 1.73%
8964 フロンティア不動産投資法人 525,000 -1.50% 4.19% 284,025 1.73%
8966 平和不動産リート投資法人 154,100 1.58% 4.04% 171,626 1.04%
8967 日本ロジスティクスファンド投資法人 318,500 2.58% 3.24% 297,479 1.81%
8968 福岡リート投資法人 173,600 2.90% 4.07% 138,186 0.84%
8972 ケネディクス・オフィス投資法人 338,500 -0.59% 4.22% 287,194 1.75%
8975 いちごオフィスリート投資法人 83,900 -1.53% 4.89% 126,971 0.77%
8976 大和証券オフィス投資法人 702,000 4.46% 3.87% 338,735 2.06%
8977 阪急阪神リート投資法人 154,300 1.71% 3.88% 107,269 0.65%
8979 スターツプロシード投資法人 237,100 -6.14% 4.86% 60,171 0.37%
8984 大和ハウスリート投資法人 300,000 -0.33% 3.73% 696,000 4.23%
8985 ジャパン・ホテル・リート投資法人 78,300 8.60% 0.43% 349,767 2.13%
8986 大和証券リビング投資法人 115,400 0.52% 3.81% 260,907 1.59%
8987 ジャパンエクセレント投資法人 137,500 3.07% 4.07% 183,920 1.12%
3226 日本アコモデーションファンド投資法人 633,000 -3.51% 3.26% 318,698 1.94%
3234 森ヒルズリート投資法人 162,700 4.09% 3.74% 311,787 1.89%
3249 産業ファンド投資法人 157,000 -4.33% 3.91% 324,993 1.97%
3269 アドバンス・レジデンス投資法人 346,000 -2.40% 3.31% 479,210 2.91%
3278 ケネディクス・レジデンシャル・ネクスト投資法人 217,800 1.68% 3.78% 227,766 1.38%
3279 アクティビア・プロパティーズ投資法人 440,500 4.14% 4.23% 357,934 2.17%
3281 GLP投資法人 154,100 -3.75% 3.51% 725,246 4.41%
3282 コンフォリア・レジデンシャル投資法人 315,500 -4.10% 3.42% 225,892 1.37%
3283 日本プロロジスリート投資法人 311,500 -1.58% 3.15% 831,814 5.05%
3287 星野リゾート・リート投資法人 706,000 5.22% 2.26% 180,424 1.10%
3290 Oneリート投資法人 247,900 -5.88% 5.09% 66,553 0.40%
3292 イオンリート投資法人 160,000 2.56% 4.09% 327,115 1.99%
3295 ヒューリックリート投資法人 174,100 5.20% 4.00% 250,704 1.52%
3296 日本リート投資法人 367,000 -0.41% 4.50% 165,124 1.00%
3451 トーセイ・リート投資法人 137,200 0.15% 5.20% 49,598 0.30%
3309 積水ハウス・リート投資法人 80,100 -1.35% 4.20% 350,957 2.13%
3453 ケネディクス商業リート投資法人 267,300 -0.07% 4.71% 160,962 0.98%
3455 ヘルスケア&メディカル投資法人 204,500 12.86% 3.30% 73,518 0.45%
3459 サムティ・レジデンシャル投資法人 120,100 -1.15% 4.55% 100,731 0.61%
3462 野村不動産マスターファンド投資法人 169,500 6.14% 3.88% 799,226 4.86%
3463 いちごホテルリート投資法人 107,000 5.00% 2.32% 27,282 0.17%
3466 ラサールロジポート投資法人 158,700 -1.98% 3.87% 283,280 1.72%
3468 スターアジア不動産投資法人 56,700 1.25% 5.22% 108,960 0.66%
3470 マリモ地方創生リート投資法人 137,400 4.49% 5.30% 26,412 0.16%
3471 三井不動産ロジスティクスパーク投資法人 493,000 -0.40% 3.38% 283,968 1.73%
3472 大江戸温泉リート投資法人 68,800 5.36% 4.13% 16,192 0.10%
3476 投資法人みらい 47,900 -2.54% 5.37% 84,852 0.52%
3478 森トラスト・ホテルリート投資法人 141,100 6.17% 3.24% 70,550 0.43%
3481 三菱地所物流リート投資法人 440,000 -2.55% 3.51% 220,411 1.34%
3487 CREロジスティクスファンド投資法人 204,600 -1.68% 4.80% 115,538 0.70%
3488 ザイマックス・リート投資法人 123,000 -0.24% 5.02% 30,707 0.19%
3492 タカラレーベン不動産投資法人 101,400 -1.17% 5.19% 64,754 0.39%
3493 アドバンス・ロジスティクス投資法人 145,400 -3.20% 3.84% 97,549 0.59%
2971 エスコンジャパンリート投資法人 115,200 1.23% 5.57% 40,547 0.25%
2972 サンケイリアルエステート投資法人 93,300 -3.52% 4.95% 43,580 0.26%
2979 SOSiLA物流リート投資法人 142,500 -5.50% 3.71% 97,130 0.59%
2989 東海道リート投資法人 121,400 1.76% 5.27% 21,464 0.13%

---------------------------------------------------------------------------------------------

予想利回り算出方法:年換算予想分配金(当期予想分配金+次期予想分配金)/投資口価格

但し、 決算期が年1回の銘柄: 年換算予想分配金(当期予想分配金)/投資口価格

※予想分配金が未発表の場合、直近期の予想分配金を使用する 

※実質運用日数が変則期間の場合、年換算に修正する 

※利益超過分配金は分配金に含めて算出する

 

バックナンバー

※2013年11月以前のバックナンバー(PDF)はこちら

  • PR

  • PR

決算発表動画
物件取得価格ランキング
1 新宿三井ビルディング 1,700億円
2 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
3 飯田橋グラン・ブルーム 1,135億円
4 汐留ビルディング 1,069億円
5 東京汐留ビルディング 825億円
株価値上り率ランキング
1 ジャパン・ホテル +2.16%
2 いちごホテル +1.77%
3 グローバル・ワン +1.60%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。