スマートフォン版を表示

日本都市ファンド投資法人 (8953)

J-REIT銘柄情報

8953 日本都市ファンド投資法人

日本都市ファンド投資法人が第40期決算を発表、1口当たり実績分配金は2,284円

(2022/04/18)

日本都市ファンド投資法人が、第40期(2022年2月期)決算を発表した。 第40期は「JMFビル赤坂02」等4物件、住宅を裏付資産とするメザニンローン債権と私募REITの投資口を取得する一方、「Gビル南青山01」等都市型商業施設を中心に4物件を売却した。売却損が減少し、売却益が増加。また修繕費や資産運用報酬、合併報酬の減少により、前期比24.9%増益。一時差異等調整積立金より199百万円を取り崩す一方、1,160百万円を内部留保とし、1口当たり分配金は2,284円と前期と同水準となった。 期末のポートフォリオは128物件、資産規模(取得額合計)は1兆2,113億円、有利子負債比率は44.1%。 第41期(2022年8月期)は、引き続き物件入替えを推進し、「JMFレジデンス学芸大学」等住宅2物件、私募REITの投資口を取得する一方、「サミットストア中野南台店」等3物件を売却する予定。また4月中にスポンサーがKKRに交代する。物件売却益の減少、物件売却損427百万円計上、修繕費の増加等により、前期比9.1%減益を見込む。一時差異等調整積立金及び圧縮積立金より計344百万円を取崩し、1口当たり分配金は2,250円となる見通し。 第42期(2023年2月期)は、「Karuizawa Commongrounds」の底地を取得する一方、「Gビル銀座01」を売却する。前期の売却損がなくなることや、支払利息の減少等により、前期予想比2.3%増益を見込む。一時差異等調整積立金より196百万円を取崩し、1口当たり分配金は2,280円と前期予想比1.3%増となる見通し。 2021年3月合併後1年で商業施設の投資比率が71%から64%まで低下した。引き続き物件入替えを進め、今後2年~4年の間に商業施設の投資比率を50%に引き下げるとともに、更なる物件売却益の獲得を目指す。 なお、ツイン21を構成する2棟のうちパナソニックに一括賃貸するOBPパナソニックタワーにおいて、上層階半分を2024年3月末に、下層階半分を2025年9月末にパナソニックが退去となる予定。現行賃料がマーケット賃料より低い点から、賃料ギャップを活用したリーシングに早期着手する。

           
  第40期実績 第41期予想 前期比 第42期予想 前期比
営業収益 40,598百万円 40,660百万円 0.2% 40,454百万円 ▲0.5%
当期利益 16,924百万円 15,380百万円 ▲9.1% 15,738百万円 2.3%
分配金総額 15,963百万円 15,725百万円 ▲1.5% 15,935百万円 1.3%
1口当たり分配金 2,284円 2,250円 ▲1.5% 2,280円 1.3%

日本都市ファンド投資法人の記事を最新5件
2022/07/20
日本都市ファンド投資法人が家電住まいる館YAMADA福岡志免本店を追加取得、イオンモール札幌苗穂を売却
2022/04/20
日本都市ファンド投資法人がGビル神宮前02を売却
2022/03/30
日本都市ファンド投資法人が軽井沢の底地を取得
2022/03/18
日本都市ファンド投資法人がフージャースプライベートリート投資法人の投資口を取得
2022/03/17
三菱商事とUBSが三菱商事・ユービーエス・リアルティの全株式をKKRへ売却
  • PR

  • PR

決算発表動画
物件取得価格ランキング
1 新宿三井ビルディング 1,700億円
2 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
3 飯田橋グラン・ブルーム 1,135億円
4 汐留ビルディング 1,069億円
5 東京汐留ビルディング 825億円
株価値上り率ランキング
1 スターツプロシード +2.34%
2 日本ロジスティクス +1.73%
3 森トラストホテル +1.54%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。